【注意喚起】空き家の固定資産税が6倍に!税金の適用時期と対象条件とは

広告

【注意喚起】空き家の固定資産税が6倍に!税金の適用時期と対象条件とは

空き家を所有していると、毎年税金の支払いに気を遣うため、管理に悩む人は多いです。特に注意したいのは、固定資産税が6倍に跳ね上がるケースです。

この記事では、空き家にかかる税金の種類と計算方法、税金が上がる条件と税金アップを回避する方法を紹介します。空き家の税金対策に役立つ知識を得られ、将来の負担を軽減する手段を学べます

空き家にかかる税金の種類

空き家を所有していると、所有しているだけで毎年税金が発生します。空き家にかかる主な税金は、固定資産税と都市計画税です

空き家の維持コストを抑えるためには、固定資産税と都市計画税について適切に理解し、管理や対策を行うことが重要です。2つの税金の計算方法や、支払い時期について詳しく解説します。
» 空き家問題の原因とは?

固定資産税とは

固定資産税は地方自治体が徴収する税金です。地方税法に基づき、毎年1月1日時点での不動産の所有者に対して課されます。課税額は、不動産の価値に基づき算出されます。不動産の価値や状況の把握は、税金対策には重要です。

固定資産の評価額は3年に一度、見直しがあります。評価額は不動産の市場価値に影響を受けて変動するため、固定資産税の税額も変わる可能性があります。経済情勢や地域の発展による価格変動が影響を与えるので、注意が必要です。

税金の支払いは通常、分割払いです。年に数回に分けて支払うため、一度に大きな金額を支払う負担が軽減されます。空き家は固定資産税の課税対象なので、所有者は税金を支払う必要があります。

都市計画税とは

都市計画税は、毎年1月1日の時点で所有している土地や家屋に対して所有者が支払う税金です。都市計画の推進や整備に必要な費用として使われ、市町村が定めた都市計画区域内の土地や家屋に課されます。

税率は市町村によって異なり、0.3%以下に設定されるのが一般的です。空き家であっても都市計画区域内にある場合、使用の有無にかかわらず都市計画税を支払う必要があります。都市計画区域外の空き家には都市計画税は課されません。

都市計画税の税額は、固定資産税評価額に基づき行われ、土地や建物の価値に応じて決定されます。都市計画税を支払わなければ、延滞金が発生する恐れがあるため、注意が必要です。

固定資産税が6倍になる条件とタイミング

固定資産税が最大で6倍になる条件は、空き家が「特定空き家」に指定された場合です。固定資産税の増税は、特定空き家に指定された年の翌年度から発生します。
» 特定空き家とは?

空き家が特定空き家に指定される条件は以下のとおりです。

  • 所有者が適切に管理していない場合
  • 建物が老朽化して安全性に問題がある場合
  • 周囲の環境や景観に悪影響を及ぼす場合
  • 治安や防火の面で問題を引き起こしている場合
  • 地方公共団体が定める条例により認定された場合

固定資産税を最大6倍に増額するのは、空き家の所有者に対し重い税金を課し、空き家問題に対する責任と改善を促すためです。増税は空き家の状態が改善されるまで毎年適用されるので、注意が必要です。

空き家の税金アップを回避する方法

空き家の税金アップを回避するには、さまざまな方法があります。以下4つの方法は、税金の負担を減らし、空き家問題の解決に大きく貢献します。

  • 空き家の状態を改善する
  • 空き家を売却する
  • 空き家を賃貸に出す
  • 解体して更地にする

空き家の状態を改善する

空き家の状態を改善することは、税金の問題を避け、財産の価値を維持する上で重要です。空き家を適切に管理すれば、特定空き家に指定されず、税金アップを回避できる可能性が高まります。

空き家の状態を改善するためのポイントは以下のとおりです。

  • 修繕やメンテナンスを行い、住宅としての機能を維持する
  • 定期的に清掃をして、荒廃を防ぐ
  • 空き家の安全性をチェックし、必要に応じて補強工事を実施する
  • 庭の手入れや外壁塗装など、見た目の改善を行う
  • 防犯対策を強化し、不法侵入や犯罪を防ぐ
  • 地域の自治体が提供する空き家管理サービスを利用する
  • 空き家ビジネスマッチングサービスを活用して空き家の活用方法を検討する
  • 空き家対策特別措置法に基づく補助金や財政支援を申請する
  • 地域のコミュニティと連携し、空き家を地域資源として活用する

空き家の内装や外観を整えることは、空き家問題の解決に効果的です。適切な管理は空き家の状態を大きく改善し、税金アップを回避し、空き家の価値を守れます。
» 空き家の管理方法を解説

空き家を売却する

空き家の売却は、税金アップの回避に有効です。空き家を所有していなければ、そもそも税金はかかりません。売却にはいくつかの手順を踏む必要があり、事前準備が必要です。空き家を売却する際の一般的な流れは、以下のとおりです。

  1. 空き家を市場価格で売却する準備を整える
  2. 不動産業者を選び、査定を依頼する
  3. 売買契約前に必要書類を用意し、物件の状態を正確に伝える
  4. 売却価格や条件を交渉し、契約を締結する
  5. 譲渡所得税やその他の関連税金を計算し、申告する
  6. 物件の引き渡しと決済を完了する

上記のステップを踏むことで、空き家を効率良く売却し、税金の支払いを回避できます。
» 空き家を売却する方法

空き家を賃貸に出す

空き家を賃貸に出す場合、税金面でのメリットは大きいです。賃貸に出すと不動産としての収益性が認められ、固定資産税が軽減される可能性があります。

賃貸に出す場合は以下の点に注意してください。

  • 空き家が住宅の安全基準を満たしているか確認する
  • リフォームや修繕が必要な場合、追加費用を考慮する
  • 手間を省くために賃貸管理業者を利用するか検討する
  • 家賃収入により発生した所得税を適切に申告する方法を検討する
  • 賃借人を見つけるために宣伝や広告が必要になる
  • 市場調査を行い、賃貸物件として魅力的か、家賃は適切か判断する

賃貸としての利用は空き家を有効活用し、地域の空き家問題解消にも貢献できます。上記の手続きを適切に行い、空き家所有にかかる税金負担を軽減しましょう。

解体して更地にする

空き家を解体して更地にすることも、税金アップを回避する方法のひとつです。解体により建物がなくなることで、固定資産税が下がるため節税が可能です。空き家対策特別措置法に基づく、固定資産税の特例を受けられる可能性も期待できます。

空き家の解体には一定の費用がかかります。解体費用は地域や建物の大きさによって変わりますが、一般的には数百万円程度と見積もられることが多いです。

解体後の土地は、新たな建築プランの立案、売却、賃貸といった活用方法にもつながります。解体して更地にすることは、将来的な土地利用を考慮する上で有効な選択肢です。
» 空き家の解体費用を節約する方法

空き家解体時の注意点

解体の際には適切な業者選びが重要であり、見積もりや業者の実績をしっかりと比較し検討する必要があります。空き家を解体する際の注意点は以下です。

  • 解体許可申請や廃棄物処理など、法的な規制に従う
  • 周辺住民に対して、作業にともなう騒音や粉じんへの配慮をする
  • 周辺環境の保護に関する計画を立てる

空き家を解体する際は、上記の注意点を考慮し、適切な手続きをしてください。

空き家を売却する際に関わる税金と特別控除

空き家を売却する際には、税金の計算や特別控除の条件を理解することが重要です。空き家を売却すると譲渡所得税の支払いが発生することがあります。譲渡所得税は特定の条件をクリアすると特別控除が適用され、税金の負担を減らすことも可能です。

ここでは、空き家を売却した時に発生する譲渡所得税と、特別控除が対象になるケースについて解説します。適切な知識を持って税金の支払いを減らし、より良い空き家売却を実現しましょう。

空き家売却時には譲渡所得税がかかる

空き家を売却する際に、譲渡所得税が発生します。譲渡所得税とは、不動産の売却によって得た利益に対してかかる税金です。譲渡所得税は、売却価格から取得費や販売にかかる経費を差し引いた金額に適用されます。

譲渡所得税の税率は所得税と住民税を合わせて約15%から55%です。所有期間によって税率が変わり、5年を超える長期所有の税率は低く、5年以下の所有は税率が高くなります。

課税所得税は、条件次第で特別控除が受けられ税金負担の低減が可能です。特別控除を受ける条件は、住宅ローン残高や物件に居住していた期間が考慮されます。特別控除を受けた場合、控除額は最大3,000万円にもなり、大幅に納税額を削減できるので、必ず条件を確認しましょう。

空き家売却時に特別控除の対象になるケース

空き家の譲渡所得税が、特別控除の対象になるケースは以下のとおりです。

  • 特定空き家または指定地域の空き家である
  • 年末までに解体や一定の条件を満たす改修をする
  • 所有期間が5年以上の長期不動産である
  • 災害による全壊など特別な事情で空き家となった物件である
  • 売却額が一定基準以下の物件である

上記の条件に該当する場合、税負担を軽減できます。特別控除は譲渡所得税への影響が大きく、所有者にとって非常に重要です。空き家の売却を考えている方は、特別控除が対象になるか検討してください。
»空き家を高く売るコツ!

空き家の税金に関するよくある疑問

空き家の税金について、多くの方が疑問を抱えています。よくある疑問は、以下の3つです。

  • 空き家の固定資産税は誰が払うのか
  • 税金を支払わないとどうなるのか
  • 空き家が相続税に与える影響はあるのか

空き家の固定資産税は誰が払うのか

空き家の固定資産税の支払い義務は、基本的に登記簿上の所有者にあります。登記上の所有者は、空き家の状況によって変わるので注意が必要です。さまざまな事例に対する固定資産税の納税者は、以下のとおりです。

事例納税の義務がある人
空き家を相続した相続人
空き家を複数人で共有している共有者全員
空き家を売却した新しい所有者
名義変更をした新しい所有者
空き家を賃貸に出した借り手ではなく所有者

上記の例を参考に、適切な納税を心がけましょう。

税金を支払わないとどうなるのか

税金を支払わないと、未納期間に応じた滞納金が加算されます。国や自治体は税金を回収するために、納税を促す通知を送ります。未納が続く場合、給料や銀行口座、不動産などを差し押さえられてしまうため、注意が必要です。

特に不動産の場合、税金の支払いがないと競売にかけられることがあるので注意してください。家や土地を公的な競売に出し、落札された金額が税金の支払いに充てられます。

税金を支払わないと信用情報に悪影響を及ぼし、将来のローンや契約に問題が起きます。長期間税金を支払わないと、刑事罰の対象にもなりかねません。税金は期限内に支払うことが重要です。

空き家が相続税に与える影響はあるのか

空き家の扱い方次第で相続税の問題が大きく変わるため、空き家を活用するか、売却するかを検討しましょう。相続された空き家は相続税の対象となり、時価が高い場合、相続税額も高くなる恐れがあります。相続税の評価額は固定資産税評価額に基づきますが、市場価格とかけ離れている場合があり注意が必要です。

空き家の維持管理が困難で物件価値が低下していると、相続税額に影響が出ます。相続前に適切な対策を立てることが非常に重要です。空き家の解体や改修により固定資産税評価額を下げ、相続税の負担を軽減可能です。

まとめ

空き家に関わる税金の理解と適切な対策は、経済的な負担を軽減できます。空き家には、固定資産税と都市計画税がかかります。空き家が特定空き家に指定されると固定資産税が6倍に増加する恐れがあるため、注意が必要です。空き家に対する税金対策には、状態の改善、売却や賃貸、解体の検討が挙げられます。

売却時には譲渡所得税が発生しますが、特定の条件を満たすと特別控除を利用可能です。空き家の固定資産税は所有者が負担し、未払いは法的措置を招く恐れがあります。空き家は相続税の評価にも影響を及ぼすため、適切な対応が求められます。